NPO法人 Fight4u > 理事長挨拶

理事長挨拶

ご挨拶

理事長 平野厚雄

Fight4uのページを御覧くださり、誠にありがとうございます。

NPO法人・Fight4uは、マラソンを通じて発達障がいを啓蒙していくサークル「Run4u」から派生して誕生した団体で、「障がい者も健常者も区別無く、みんなが生き生きと暮らせる社会の実現、障がいを持つ方が親亡き後も、生き生きと暮らせる社会の実現」というミッションを実現するために存在しているNPO法人です。

なぜ、このFight4uを立ち上げたのか、と申し上げますと、私の息子が発達障がい(自閉症)をもって生まれてきたということがあります。私は、息子の誕生をきっかけで初めて「発達障害がい」という障がいを知りました。そして、この障がいについて勉強しました。その結果、小さい頃に育てにくいな・・・と感じていたこと、ちょっと変だなと感じていたことは、この障がいの特性であった、ということを理解することができました。

そして現在、父親として、また社会人として感じていることは、この発達障がいという障がいは、世間にはまだまだ知られていない障がいで、その結果、とても誤解が多いということです。

発達障がいの方は、見ただけでは障がいがあるということが分かりません。したがって、例えば学校や職場等で、周りの人とコミュニケーションが取りにくい、特定のものにこだわる等、発達障がいの特性により困難な状況に陥っているにも関わらず、周りからは「変な人」ということで、避けられたりいじめの対象になっていたりしている現状があります。しかし、正しく障がいを理解し、その人の特性を理解し、こちら側が効果的な関わり方をすれば、問題なく過ごせたり、逆にその特性を活かし思いもよらぬ才能を発揮し大きな成果を作り出したりすることもあります。

私は、親としておそらく息子より早くこの世を去ることになります。しかし、今、その息子を残して安心してこの世を去ることができません。なぜなら、今申し上げてきたとおりまだまだ誤解が多く、発達障がいの方が生きにくい世の中だからです。

NPO法人Fight4uの存在理由である「障がい者も健常者も区別無く、みんなが生き生きと暮らせる社会の実現、障がいを持つ方が親亡き後も、生き生きと暮らせる社会の実現」ということは、はっきり申し上げて果てしなく長い道のりです。どこまでやればゴールなのかも分かりません。しかし、私をはじめこのNPO法人Fight4uは、「できる、できない」ということではなく、そんな社会を実現することを目指しています。そして、そんな社会を実現するために闘い続けます。なぜなら、目指さない限り実現することはありえないからです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

NPO法人 Fight4u
理事長 平野 厚雄